トコジラミ駆除をして快適な生活を取り戻す|わずらわしい悩みと決別

作業員

トコジラミの生態

男の人

人間に様々な被害をもたらす吸血性の昆虫で、都心部でも多く発生しているのがトコジラミです。日本全国に発生していて、年々被害は拡大しています。そのためトコジラミ駆除をする必要があるために、害虫駆除業者に依頼すると良いでしょう。

トコジラミは、日本人が生活している畳や家具の小さな隙間に卵を産み付けます。卵はとても小さくて約1mm程度の大きさで、色は乳白色をしています。主に、畳や家具などの表面がザラザラしている箇所に卵を産み付けることが多いでしょう。そしてトコジラミの卵は、数週間で孵化して幼虫になります。幼虫の大きさは、約1~2mm程度ととても小さいために、人間の目で発見することはとても困難です。室内にトコジラミの幼虫がいる場合は、体の色も周りと同化してしまうので、そのまま成虫まで成長します。成虫になると茶色っぽい色に変化します。そして、体長は約5~8mm程度の大きさまで成長するので発見しやすくなります。ですから発見できたらすぐにトコジラミ駆除をしなくてはいけません。

トコジラミは非常に素早く動きまわることができます。羽根は生えていないために飛び回り移動することはできませんが、俊敏に移動するため見失ってしまうこともあります。そして、畳や家具のザラザラした部分に卵を産み付けるでしょう。家中トコジラミになる前にトコジラミ駆除を行なっている業者に連絡しましょう。素人が完全に駆除することは困難なために、トコジラミ駆除を行なっている業者に依頼した方が賢明です。インターネットを利用すると簡単に探すことができます。